MENU

スマホ用QRコード

スマホ用QRコード

上のQRコードをリーダーアプリを使って読み取って下さい。

Site PR

EFFECTOR情報室

歪み系をメインにギター・ベース用のエフェクターをレビュー。

必聴ロック名盤資料室

洋楽中心に歴史に残る、もしくは残すべきロックの名盤の数々をレビュー。

Home
ギターの選び方

1. ギターの選び方

初めに買うにどのメーカーがいいか?

さて、初めに買うギターは大体5万円以下ぐらいが多いかと思います。安いギターでも、有名なメーカーのものなら質の良いギターがあります。無名なとこで激安なセットは素材や造りがめちゃくちゃだったりしますので注意して下さい。中古で買うのも良い手で、定価の半値で手に入れることも可能です。

初めて買うに個人的にオススメするメーカーは下記のものです。

Bacchus(バッカス)

日本のメーカーです。安い価格の物は東南アジアで作られていると思いますが、それでもなかなかのクオリティで密かに入門用として一番オススメです。もうちょっとお金が出せるならグローバルシリーズを。

Web Site : http://bacchusdo.com

Epiphone(エピフォン)

レスポール・モデルで有名なギブソン社の廉価版を販売しているブランド。ハムバッキング・ピックアップが搭載されたものが多く、太くサスティーンのあるサウンドが特徴。エピフォン独自のギターも販売しており、とくにセミアコースティックギターの「カジノ」が有名です。

Web Site : http://www.gibson.com/jp-jp/Divisions/Epiphone/Electric/

Ibanez(アイバニーズ)

日本のギターメーカーです。ハードロックやヘヴィメタルのイメージが強いメーカーで、フレット数が24、フロイドローズのトレモロユニットの物が多い。初心者用はシンプルなネジ6個のトレモロユニットだが、中にはチューニングの狂いが少ない2点支持式の物がある。アームのアップダウンを激しくやりたいなら2点支持式がおすすめ!

Web Site : http://www.ibanez.co.jp/

怪しいメーカーにご注意!

上記以外の他に「LEGEND」「PLAYTECH」「mavis」他など普通のメーカーの傘下や楽器店が出してる物もあります。このあたりまでなら初心者用にいいと思いますが、長年やってる人でも知らないメーカーの格安ギターには注意しましょう。とくに専門誌でない雑誌の後ろのほうに載ってる通販の物は危険だ。それを買ってしまった人の物を引かせてもらったことがあるが、指板がベニヤ板のようなもので酷かった。あとセットで付いてくる手の平サイズのギターアンプや、有名メーカーでないギターアンプは音がスカスカなので期待しないほうがいい。

どの型のギターがいいか?

ギターには様々な形のものがあります。形によって大きくサウンドが異なったり、弾き心地や重さなど違いますので選ぶ時はよく考えて自分に合ったギターを探しましょう。

テレキャスター

テレキャスター

エレキギターの形を決定づけたモデルです。シンプルで扱いやすく、ピックアップはシングルコイルが大半で音はシャープです。音の抜けが良いので、濁ることがあまりありません。ネックは平で丸みがあり、コードがとても弾きやすいです。初心者の方に一番扱いやすいギターだと思います。

Wikipediaで調べる:フェンダー・テレキャスター

ストラトキャスター

ストラトキャスター

スタンダードなギターの一つ。シンクロナイズド・トレモロ・ユニットで音をビブラート(揺らす)ことが可能です。テレキャスターと同じくシングルコイルのピックアップを付けてるのが大半で、音はシャープですがテレキャスターよりは甘めな音です。ピックアップのスイッチは5WAYなのでサウンドの幅が広いです。ネックが細いのと、ボディがダブルカッタウェイの構造なのでハイポジションが弾きやすいです。弦を替えるときにチューニングに時間がちょっとかかるのが欠点かもしれません。

Wikipediaで調べる:フェンダー・ストラトキャスター

レスポール

レスポール

ボディに厚みがあるのと、ピックアップの種類がハムバッキングのタイプがほとんどなので、太くて甘い音が出ます。ハムバッキングのピックアップはノイズが少ないが、パワーがありますのでよく歪みます。音の膨らみがあるので、歪ませた時に濁った感じに聴こえるかもしれませんのでエフェクターで補正する必要がある場合もあります。テレキャスターやストラトキャスターと比べて重さがあるので、立って弾くとけっこう疲れます。

Wikipediaで調べる:ギブソン・レスポール

変形ギター

フライングV

奇抜なデザインをしたギターのことを言います。見た目のインパクトがあるため、HR/HMなどのジャンルで使われることが多いです。形によっては音の厚みやサスティンが無かったりしますので、ある程度良い素材やパーツを使ってないといい音が鳴りません。変形ギターの代表的なのがフライングVですね。形状はカッコ良く、ボディが軽くて立って弾くに丁度いいですが、側面に滑り止めが付いてないと座って弾けない難点があります。

Wikipediaで調べる:ギブソン・フライングV

セミアコースティック・フルアコースティック

セミアコ フルアコ

略してセミアコ、フルアコと呼ばれてるタイプで、アコースティックギターに近いエレキギターのことを言います。ボディの中は空洞なので、大きくても軽いです。音は軟らかく厚みがあるので、ロックの他にジャズ・フュージョンで使われることも多いです。

Wikipediaで調べる:エレクトリックギター

木材について

ギターの音色を決定付けるのは木材です。様々な種類があるので、できれば一通りその音色を確認して頂きたい。木材の種類だけでなく、クオリティによっても音が変わってきます。音を改善させようとして高級パーツに換えても簡単には改善されないので、木材のクオリティは重要です。上達してから段々とクオリティを追求していきましょう。

アルダー

ストラトキャスターによく使われる木材で、音のバランスが良くスタンダードといった感じです。シングルコイルのピックアップとの相性は良いが、ハムバッキングのピックアップだと木材のクオリティによっては音がこもるので注意。

アッシュ

ストラトキャスターやテレキャスターによく使われる木材です。音は硬くクリアーで、引き締まった音を好むならこれがいいでしょう。

マホガニー

ギブソンのレスポール、SG、etc等のタイプで使われる木材です。音は柔らかくて温かみがあります。ハムバッキングのピックアップとの相性が良く、歪ませたときのリッチなサウンドが魅力的です。

バスウッド

アルダーに近い音でバランスが良く、言い方が悪いとキャラクターが無いと言える。木材の価格が安く、格安ギターで使われることが多いため「ダメな木材」というレッテルを貼られてしまっているが、高級なギターではしっかりとしたクオリティのバスウッドが使われている。癖が無く、木材以外の素材が活きるので音が作りやすいです。

メイプル

輪郭のはっきりとしたクリアーな音でネックの素材としてよく使われているが、ボディのトップ(表面)に重ねて使われることもあります。

ローズウッド

ボディに使われることはたまにありますが、大体はネックの指板に使われています。マホガニーに近く温かみのあるサウンドです。

その他

上記以外の素材を使ったギターも探すといろんなのがあります。有名なのはクイーンのギタリスト、ブライアン・メイの暖炉の木を使ったギター。アクリルを使った透明ボディのギターなんかもインパクトが強くてかっこいい。最近ではマンゴーの木を使ったギターがなかなか好評のようなので注目だ。

広告