MENU

スマホ用QRコード

スマホ用QRコード

上のQRコードをリーダーアプリを使って読み取って下さい。

Site PR

EFFECTOR情報室

歪み系をメインにギター・ベース用のエフェクターをレビュー。

必聴ロック名盤資料室

洋楽中心に歴史に残る、もしくは残すべきロックの名盤の数々をレビュー。

Home
練習のヒント

8. 練習のヒント

1. 教本を選ぶ

セットなどにおまけで付いてくる薄い教本より、楽器屋や本屋で売ってるものにした方がいいと思います。自分で見て分かりやすそうなものや、知識のある人に選んでもらうなどして決めましょう。CDやDVDが付いてると非常に便利です。

2. 練習する曲を選ぶ

練習をするに自分の好きなアーティストのスコアを買ってコピーを試みようとする方がほとんどだと思います。簡単な曲であれば問題無いですが、複雑なリズムやテクニックを必要とするものを最初からやろうとすると、なかなか弾けなくて上達が遅くなる可能性があります。まずはできるとこから始めた方が身に付けやすいので、ギターソロが無いような曲や、使うコードの少ない単純な曲を選ぶと良いかと思います。あとネット上には無料で楽譜が見れるサイトがありますので、ちょっとご紹介します。

GLNET+

GLNET+

無料のTAB譜付き楽譜や、Q&A、フォーラム、メン募など充実したコンテンツのサイトです。楽譜は邦楽中心ですが、洋楽の楽譜もちょっとあります。

URL : http://guitarlist.net/

Songsterr

Songsterr

海外のサイトで、なんと無料で見やすいギターTAB譜が見れてしまいます。さらに曲の再生機能が付いていて、スピードの速度を落とすことも可能。洋楽ロックが好きな人にはおすすめです。

URL : http://www.songsterr.com/

3. ギター雑誌を買おう

ギター雑誌はバンドや機材の情報の他に、ギターテクニックの特集やギタースコアが載ってます。曲を弾くに必要な機材や、ヒントが載ってるのでコピーをするに役立ちます。古本屋で安く売られてることがあるので、探してみるといいでしょう。

4. 先生を探そう

確実にうまくなる方法は教室に通うことです。お金を使いたくない場合はギターをやってる人を探して教えてもらいましょう。教えてもらうことで独学より上達が早くなります。

5. 挫折を乗り越える

数回弾いただけではギターはうまくなりません。うまく押さえられないコードや、難しいフレーズを何度も何度も時間をかけて弾かないと弾けるようになりません。ある程度身に付いたところで限界を感じても、続けることでさらに序々に上達しますので、常に課題を持って練習し続けることが大事です。

6. 同じ音にならない?

CDと同じ音を作りたいが、なかなか同じ音にならないということありますよね?。レコーディングではさらに音を加工されてたりするので、アーティストと同じ機材を使っても近い音にならないことがありますのでご注意。個性的なギタリストのサウンドに近づける場合、その人の弾き方やクセをコピーしないと近い音になりません。

7. バンドを結成しよう

最近はパソコン使って1人で練習する人が多いかと思いますが、バンドを結成して人と合わせることも大事です。メンバー募集は楽器屋や雑誌でできますが、最近はネットでメンバー募集ができます。検索するとたくさんメンバー募集サイトが出てきますので、そこで投稿したり連絡をとったりしてメンバーを集めましょう。

images/lesson/oursounds.jpg

OURSOUNDS

会員数・投稿数ともに国内最大級のバンドメンバー募集の掲示板。使いやすさと豊富な機能で、バンドメンバー募集活動をサポートしてます。

URL:http://mb.oursounds.net/

広告