MENU

スマホ用QRコード

スマホ用QRコード

上のQRコードをリーダーアプリを使って読み取って下さい。

Site PR

EFFECTOR情報室

歪み系をメインにギター・ベース用のエフェクターをレビュー。

必聴ロック名盤資料室

洋楽中心に歴史に残る、もしくは残すべきロックの名盤の数々をレビュー。

Home
シールドの選び方

5. シールドの選び方

安価なシールドはダメ!

ギターからアンプへ繋ぐケーブルのことをシールドと言います。エフェクターとエフェクターの間に繋ぐケーブルはパッチケーブルと言われてます。ギターやセットを買ったときにおまけで付いてくると思いますが、無名のものや安価なものは断線しやすくノイズも拾いやすいです。しっかりとしたシールドは3mで1500円から3000円ぐらいしますが、その分丈夫で音も良くノイズも少ないです。高い買い物かと思いますが、安価なシールドはほんとすぐ断線しますのでそれなりの物を買っとくとすごく長持ちします。

シールドで音が変わる!

たかがケーブルかと思いますでしょうが、変えると音が変化します。まず無名の物や、細いオマケのシールドから名のあるシールドに変えると、音の厚みや煌びやかさが増すのに気づくと思います。メーカーによっていろいろ特徴を持ってますので、よく研究すれば理想の音に近づくでしょう。

プラグのS型とL型

プラグが真っ直ぐなのをS型、L字に曲がってるのがL型です。シールドは曲げると負担が掛かり、断線してしまいます。まずアンプ側をL型にしとけば負担が無くなることが確実です。エフェクターとエフェクターの間のパッチケーブルはS/LかL/Lがいいでしょう。ギターからはS/Sでいいと思いますが、座って弾く場合にシールドが床に当たるものもありますのでS/Lのシールドを持っておくと便利です。ついでにL型のプラグは若干価格が高くなります。

おすすめのシールドは下記のものです。

CANARE プロフェッショナルケーブル

安いほうなのでたぶん初心者が一番最初に使うかもしれないケーブルであるが、実は優れたケーブルで、ノイズに強く音質はフラット。特色の無いストレートな音が欲しいときに役立ちます。間違いなくプロフェッショナルケーブル。

CANARE プロフェッショナルケーブル

Vital Audio VA II Professional Guitar Cable

個人的にはおすすめ!ノイズに強く、高域と低域もよく出る。クリーンサウンドでの歯切れの良さ、歪ませたときの音の厚みはトップと言えるかもしれない。

Vital Audio VA II Professional Guitar Cable

Noah'sark / Custom Guitar Cable

「MOGAMI ♯2524」ケーブルを使用したシールドです。プラグは信頼性の高いスイッチクラフトを使用。サウンドは明るくて癖が無くけっこうフラットです。ギターの音を「そのまま」伝えてくれる感じのシールドです。

Noah'sark Custom Guitar Cable

PLANET WAVES / Instrument Cable

マーティー・フリードマンも使ってるシールドで、クリアでフラットなサウンドが特徴。電磁ノイズやハムノイズに強く、ローノイズなシールドです。

PLANET WAVES Instrument Cable

Belden / #8412

低域に特徴を持ったシールドです。プラグは信頼性の高いスイッチクラフトを使用。低域不足のストラトキャスターやテレキャスターギター、低域をブンブン言わせたいベースにいいと思います。

Belden 8412

Belden / #9395

中域に特徴を持ったシールドです。プラグは信頼性の高いスイッチクラフトを使用。中域の濃いサウンドで、歪んだ音が軟らかくて綺麗です。中域はギターの一番おいしい部分なので、音を前面に押し出したいという方にオススメです。レスポールモデルとの相性が抜群です。

Belden 9395

Belden / #9778

高域に特徴を持ったシールドです。プラグは信頼性の高いスイッチクラフトを使用。よくパッチケーブルにも使われるケーブルなので、ハイ落ちを防ぐに最適でしょう。シャープで歯切れの良いサウンドで輪郭がハッキリしてます。カッティングなどのプレイや、エレアコに最適なシールドです。

Belden 9778

広告